新型コロナウィルスの影響でしばらく休園していた「みやっこキッズパーク」へ行きました。

キッズパークは街の中とは思えない程、自然豊か。

実をつける樹木、食べられる木の実、小川、池、田んぼと四季折々の楽しみがある場所です。

キッズパークへ行くと、子ども達は瞬時に自然の景色の中に消えていきますが、

「グミ(の木)あるって聞いたけど、どこ?」

「ビワ食べたら、まだ酸っぱかった」

「こっちに、こんなんあんで」と情報交換し合いながら、次の楽しみを探しています。

今日は、パーク内のビワ、グミをいただきました。

「ビワは、まだ酸っぱいね」

「グミの味、うわぁ」「皮取って食べても、渋いね」

どれくらいの色の木の実だとおいしいか、自分の感覚で調べていました。

田んぼの中には、オタマジャクシがいっぱい!

もらって帰って来たので、しばらく飼って様子を見たいと思います。

今日も子ども達は自由に、のびのび遊んでいました。