今日はお昼寝前のお話です😊

3、4歳さんたちが眠る前に落ち着けるように、寝る前のお話をするときがあるのですが、最初の頃は「桃太郎」や「赤ずきんちゃん」などの昔話を声だけでお話していました。

レパートリーがないなーと思ったときに私が思いついたのが、自分自身の子どものときのお話をすること。

試しに、自分が小学生だったとき給食の野菜がどうしても食べられなくて、先生が見ていない隙にゴミ箱に捨てた話をしてみました。

すると、釘付けになって聞いてくれる子どもたち!次の日、「もう一回小学生のときのお話してー!」と言われました。

いつのまにか毎日のように「小学生のお話してね」と言われることが増えました😊

毎回同じ話は私も飽きてしまうので、幼稚園のときのお話、大学生のときのお話などいろいろ話していると、「次はお祭りに行ったお話して」「10歳のときのお話して」とリクエストが来るように!

リクエストが来るたびに、自分の昔を思い出しながらお話しています。

子どもたちは、野菜を捨てたとか、ケーキ食べ過ぎてお腹壊したとか私が失敗したお話が大好き!

自分にとっては苦い思い出でも、子どもたちが聞いて笑ってくれるので私も嬉しくなります。

子どもたちには大人だって子どものときはあるし、大きくなることは楽しいことがいっぱいあるよということが伝わったらいいなぁと思います😊